オンライン カジノ ブログ

Read this first

モダンの意味

the meaning of "modern"

Mitzub'ixi Qu'q Ch'ij

modern by the OED

ADJECTIVE, 1. Relating to the present or recent times as opposed to the remote past.; 1.1Characterized by or using the most up-to-date techniques, ideas, or equipment.; 1.2  Denoting the form of a language that is currently used, as opposed to any earlier form.; 1.3 Denoting a current or recent style or trend in art, architecture, or other cultural activity marked by a significant departure from traditional styles and values.

用例:

Modern history Early Modern period Late Modern period 18th century 19th century 20th century Contemporary history Moderns, a faction of Freemasonry that existed in the 18th century; Modernity, a loosely defined concept delineating a number of societal, economic and ideological features that contrast with "pre-modern" times or societies; odernism Modernist poetry Modern art, a form of art Modern dance, a dance form developed in the early 20th century Modern architecture, a broad movement and period in architectural history Modern music (disambiguation); 【類語】Contemporary (disambiguation) Early modern human Modern age (disambiguation) Modern Man (disambiguation) Modern Times (disambiguation) Postmodernism The Modern (disambiguation)

応用「ポストモダン

ポストモダンとは、「モダン(近代)の後」に来ると いう時間と時代区分と、それを支える思潮・思想のことを言う。ポストモダン人類学は、モダンを支えていた思潮・思想の批判や分析をもとに、ポストモダンと いう時代と思潮が、人間を具体的にどのように捉えようとしていたのかを、人類学の研究方法論をとおして明らかにする研究である。英語における最も早いポス トモダンという用語の初出は、建築用語として1949年である。しかし、社会 思想の用語としてはトインビー『宗教への歴史家のアプローチ』(1956)やライト・ミルズ『社会学的想像 力』(1959)である。特に後者は、現在が過去のものになるという時代と概念区分の到来を 意味する用語としてポストモダンを用いている("Just as Antiquity was followed by several centuries of Oriental ascendancy... so now the Modern Age is being succeeded by a post-modern period. Perhaps we may call it: The Fourth Epoch.")。この後は、左翼文芸批評誌などの文芸ジャンルとしてこの用語が徐々に用いられるようになる[OEDの"post-modern"参 照]。

opus modernum 

西暦12世紀初頭にシュジェール(, ca.1081-1151)修道院長が、サン・ドニ修道院の(Basilique de Saint-Denis)の建築様式()に与えた言葉。サン=ドニ修道院長シュジェールは,1137 年から 1147 年頃まで行われたサン=ドニ修道院付属聖堂の改築作業を指揮した修道院長。は 「代官として修道院の荘園の経営に携わったシュジェールは、1122年に41歳でサン=ドニ修道院の院長となると、修道院の腐敗の一掃に取り組むととも に、大規模な改修に着手した。1136年には最初のゴシック建築の聖堂であるとされるサン=ドニ大聖堂の建設を開始し、聖堂は1144年6月11日に献堂 された。……シュジェールはまた、『ルイ6世伝』『ルイ7世伝』をはじめとする歴史書を著したが、これはフランスの王室による修史事業の発端であり、これらは中世フランス史の第1級の史料であると評価」がある:ウィキペディア)。

Links

Bibliography

Other informations

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099