オンライン カジノ ブログ


ヘーゲルとアンティゴネー

Antigone and G.W.F. Hegel

池田光穂

「政治的対立を法的訴えにつくりかえて、国家にフェ ミズムの主張を支持するような合法化を求めようとする現在のフェミニズムの試みのなかでは、アンティゴネーの反抗の遺産は失われているように思えた」—— ジュディス・バトラー『アンティゴネーの主張』竹村和子訳、p.14, 青土社, 2002年(→バトラーにとってのアンティゴネーはこちらです

『』 (アンティゴネー、古代ギリシア語: Ἀντιγόνη、ラテン語: Antigone)は「古代ギリシア三大悲劇詩人の一人であるソポクレスが紀元前442年ごろに書いたギリシア悲劇。オイディプスの娘でテーバイの王女で あるアンティゴネを題材とする。……先王オイディプスが自己の呪われた運命を知って盲目となり(『オイディプス王』)、放浪の末にこの世を去った(『コロ ノスのオイディプス』)後、アンティゴネとイスメネはテーバイへ戻った。しかしテーバイでもアンティゴネの兄たちが王位を巡って争いを始めて、アルゴス人 の援助を受けてテーバイに攻め寄せたポリュネイケスとテーバイの王位にあったエテオクレスが刺し違えて死に、クレオンがテーバイの統治者となった。/クレオンは国家に対する反逆者であるポリュネイケスの埋葬や一切の葬礼を禁止し、見張りを立て てポリュネイケスの遺骸を監視させる。アンティゴネはこの禁令を犯し、見張りに捕らえられてクレオンの前に引き立てられる。人間の自然に基づく法を主張するアンティゴネ国家の法の厳正さを主張するクレオンは互いに譲らず、イスメネやハイモンの取り 成しの甲斐もなくて、クレオンは実質の死刑宣告として、一日分の食料を持たせてアンティゴネを地下に幽閉することを決定する。/その後、クレオンはテイレシアースの占いと長老たちの進言を受けてアンティゴネへの処分を撤回し、ポ リュネイケスの遺体の埋葬を決める。しかし時既に遅く、アンティゴネは首を吊り、父(クレオン)を恨んだアンティゴネの夫ハイモンも剣に伏 して自殺した。、クレオンが自らの運命を嘆く場面で劇は終わる」
  .

ポイントを整理しよう;テーバイで、アンティゴネの 兄たちが王位を巡って争いを始めて、最終的に彼らの叔父にあたるクレオンが新しい統治者になる。クレオンは、謀反者のポ リュネイケス(アンティゴネの兄)らを埋葬を禁じる。しかし、アンティゴネは、その国禁を侵し、兄を埋葬することを主張する。アンティゴネは捕まり、クレ オンの前で、自然なキョウダイへの愛を実践する兄の埋葬の正当性を主張する。クレオンは法の厳密な実行こそが重要だと譲らない。クレオンは、アンティゴネ を幽閉することを決めるが、託宣により、アンティゴネへの処分を取り消すが、アンティゴネもその夫のハイモンも自死して、クレオンはその運命を呪いつつ劇 はおわる。


Antigone, by Frederic Leighton

「の 悲劇は、兄への弔意という肉親の情および人間を埋葬するという人倫的習俗と神への宗 教的義務と、国家による法の適用の対立から来るもので ある。哲学者ヘーゲルは『精神現象学』の人倫(Sittlichkeit)の章にて、アンティゴネーを人間意識の客観的段階のひとつである人倫の象徴とし て分析している」- .

ヘーゲルによるアンティゴネーの議論は、『精神現象 学』の他に、『美学』詩、『法哲学』家族、においてみられるという。ヘーゲルの時代に、その盟友ヘルダーリンは、『アンティゴネ』の新訳を完成させる。

●クレオンの呪詛

「私が彼女(アンティゴネ)を生かしておけば、私は もはや男ではなく、彼女のほうが男だ」

クレオンの本音は、女性的なものが、侵食していき、 社会が危険なものになる。

●アンティゴネーに対するさまざまな解釈

・女(アンティゴネ)が、クレオンの原理(=私情を 交えず法に厳密にしたがうべし)に従わねば、女は死や暴力にさらされる。

・クレオンのアンティゴネに対する立場が、微妙にぶ れるので、人間の自然な情念を「否定」して、社会秩序は構築されることを示唆している。

・国法の原理は、私情のあり方を理解できないが、同 時に、自然や自然法に対して「つねに負債を担う」ことをこのシステムは示唆している。

●まとめ

・エテオクレス、ポリュネイケス、アンティゴネは、 イオカステを母に、オイディプスを父にもつ兄弟たちである。

・イオカステの兄弟、すなわちアンティゴネたちの叔 父で、現在のテバイの王であるクレオンは、刺し違えた兄弟の兄のエテオクレスの死を賞賛するが、(叛逆の科を認定された)ポリュネイケスの埋葬は禁止し た。クレオンは「人間による命令」で埋葬を禁止する。

・アンティゴネは人間の「決められた正義」=慣行 の・普遍的で神的な理由(=ノモス)を尊重すべきだと主張した。

・クレオンは怒り、アンティゴネを岩窟に閉じ込めて 生き埋めにせよと命令がくだった時に、クレオンは自分で縊死する。

・スタシスとは、ポリスを内側から崩壊させる反乱の 原理である。ポレモスはポリスの栄光を高める外部戦争である。彼女の縊死は、ポリスからスタシスの毒を吸い出したとも言われる。

Antigone (/ænˈtɪɡəni/ ann-TIG-ə-nee; Ancient Greek: Ἀντιγόνη) is an Athenian tragedy written by Sophocles in (or before) 441 BC and first performed at the Festival of Dionysus of the same year. It is thought to be the second oldest surviving play of Sophocles, preceded by Ajax, which was written around the same period. The play is one of a triad of tragedies known as the three Theban plays, following Oedipus Rex and Oedipus at Colonus. Even though the events in Antigone occur last in the order of events depicted in the plays, Sophocles wrote Antigone first.[1] The story expands on the Theban legend that predates it, and it picks up where Aeschylus' Seven Against Thebes ends. The play is named after the main protagonist Antigone.

After Oedipus' self-exile, his sons Eteocles and Polynices engaged in a civil war for the Theban throne, which resulted in both brothers dying fighting each other. Oedipus' brother-in-law and new Theban ruler Creon ordered the public honoring of Eteocles and the public shaming of Thebes' traitor Polynices. The story follows the attempts of Antigone, the sister of Eteocles and Polynices, to bury Polynices, going against the decision of her uncle Creon and placing her relationship with her brother above human laws.


アンティゴネー』(/ænˈtəni/ ann-TIGA-ə-nee; Ancient Greek: Ἀντιγόνη)は、紀元前441年(またはそれ以前)にソフォクレスによって書かれたアテナイの悲劇で、同年のディオニュソス祭で初演された。現存す るソフォクレスの戯曲としては、同時期に書かれた『エイジャックス』に次いで2番目に古いものと考えられている。オイディプス王』と『コロノスのオイディ プス』に続く、テーバン三部作と呼ばれる悲劇のひとつである。アンティゴネー』で描かれる出来事は、戯曲の中で描かれる出来事の順序としては最後に起こる にもかかわらず、ソフォクレスは『アンティゴネー』を最初に書いた[1]。この物語は、それ以前のテーバンの伝説を発展させたもので、アイスキュロスの 『テーベに対する七人』が終わったところから始まる。戯曲名は主人公アンティゴネーにちなむ。

オイディプスが自害した後、息子のエテオクレスとポリュニケスはテーベ王位をめぐって内戦を繰り広げ、その結果、兄弟は互いに争って死んでしまう。オイ ディプスの義兄でテーベンの新支配者クレオンは、エテオクレスを讃え、テーベの裏切り者ポリニスを辱めるよう命じた。物語は、エテオクレスとポリュニクス の妹であるアンティゴネが、叔父クレオンの決定に反し、兄との関係を人間の掟よりも優先してポリュニクスを葬ろうとする姿を描く。
Prior to the beginning of the play, the brothers Eteocles and Polynices, leading opposite sides in Thebes' civil war, died fighting each other for the throne. Creon, the new ruler of Thebes and brother of the former Queen Jocasta, has decided that Eteocles will be honored and Polynices will be in public shame. The rebel brother's body will not be sanctified by holy rites and will lie unburied on the battlefield, prey for carrion animals,[a] the harshest punishment at the time. Antigone and Ismene are the sisters of the dead Polynices and Eteocles.

In the opening of the play, Antigone brings Ismene outside the palace gates late at night for a secret meeting: Antigone wants to bury Polynices' body, in defiance of Creon's edict. Ismene refuses to help her, not believing that it will actually be possible to bury their brother, who is under guard, but she is unable to stop Antigone from going to bury her brother herself.

The Chorus, consisting of Theban elders, enter and cast the background story of the Seven against Thebes into a mythic and heroic context.
Creon enters, and seeks the support of the Chorus in the days to come and in particular, wants them to back his edict regarding the disposal of Polynices' body. The leader of the Chorus pledges his support out of deference to Creon. A sentry enters, fearfully reporting that the body has been given funeral rites and a symbolic burial with a thin covering of earth, though no one saw who actually committed the crime. Creon, furious, orders the sentry to find the culprit or face death himself. The sentry leaves.

The Chorus sing of the ingenuity of human beings; but add that they do not wish to live in the same city as law-breakers.
The sentry returns, bringing Antigone with him. The sentry explains that the watchmen uncovered Polynices' body and then caught Antigone as she did the funeral rituals. Creon questions her after sending the sentry away, and she does not deny what she has done. She argues unflinchingly with Creon about the immorality of the edict and the morality of her actions. Creon becomes furious, and seeing Ismene upset, thinks she must have known of Antigone's plan. He summons her. Ismene tries to confess falsely to the crime, wishing to die alongside her sister, but Antigone will not have it. Creon orders that the two women be imprisoned.

The Chorus sing of the troubles of the house of Oedipus.
Haemon, Creon's son, enters to pledge allegiance to his father, even though he is engaged to Antigone. He initially seems willing to forsake Antigone, but when he gently tries to persuade his father to spare Antigone, claiming that "under cover of darkness the city mourns for the girl", the discussion deteriorates, and the two men are soon bitterly insulting each other. When Creon threatens to execute Antigone in front of his son, Haemon leaves, vowing never to see Creon again.

The Chorus sing of the power of love.
Antigone is brought in under guard on her way to execution. She sings a lament. The Chorus compares her to the goddess Niobe, who was turned into a rock, and say it is a wonderful thing to be compared to a goddess. Antigone accuses them of mocking her.

Creon decides to spare Ismene and to bury Antigone alive in a cave. By not killing her directly, he hopes to pay minimal respects to the gods. She is brought out of the house, and this time, she is sorrowful instead of defiant. She expresses her regrets at not having married and dying for following the laws of the gods. She is taken away to her living tomb.

The Chorus encourage Antigone by singing of the great women of myth who suffered.
Tiresias, the blind prophet, enters. Tiresias warns Creon that Polynices should now be urgently buried because the gods are displeased, refusing to accept any sacrifices or prayers from Thebes. However, Creon accuses Tiresias of being corrupt. Tiresias responds that Creon will lose "a son of [his] own loins"[3] for the crimes of leaving Polynices unburied and putting Antigone into the earth (he does not say that Antigone should not be condemned to death, only that it is improper to keep a living body underneath the earth). Tiresias also prophesies that all of Greece will despise Creon and that the sacrificial offerings of Thebes will not be accepted by the gods. The leader of the Chorus, terrified, asks Creon to take Tiresias' advice to free Antigone and bury Polynices. Creon assents, leaving with a retinue of men.

The Chorus deliver an oral ode to the god Dionysus.
A messenger enters to tell the leader of the Chorus that Haemon has killed himself. Eurydice, Creon's wife and Haemon's mother, enters and asks the messenger to tell her everything. The messenger reports that Creon saw to the burial of Polynices. When Creon arrived at Antigone's cave, he found Haemon lamenting over Antigone, who had hanged herself. Haemon unsuccessfully attempted to stab Creon, then stabbed himself. Having listened to the messenger's account, Eurydice silently disappears into the palace.

Creon enters, carrying Haemon's body. He understands that his own actions have caused these events and blames himself. A second messenger arrives to tell Creon and the Chorus that Eurydice has also killed herself. With her last breath, she cursed her husband for the deaths of her sons, Haemon and Megareus. Creon blames himself for everything that has happened, and, a broken man, he asks his servants to help him inside. The order he valued so much has been protected, and he is still the king, but he has acted against the gods and lost his children and his wife as a result. After Creon condemns himself, the leader of the Chorus closes by saying that although the gods punish the proud, punishment brings wisdom.

Characters
Antigone, compared with her beautiful and docile sister, is portrayed as a heroine who recognizes her familial duty. Her dialogues with Ismene reveal her to be as stubborn as her uncle.[4] In her, the ideal of the female character is boldly outlined.[5] She defies Creon's decree despite the consequences she may face, in order to honor her deceased brother.
Ismene serves as a foil for Antigone, presenting the contrast in their respective responses to the royal decree.[4] Considered the beautiful one, she is more lawful and obedient to authority. She hesitates to bury Polynices because she fears Creon.
Creon is the current King of Thebes, who views law as the guarantor of personal happiness. He can also be seen as a tragic hero, losing everything for upholding what he believes is right. Even when he is forced to amend his decree to please the gods, he first tends to the dead Polynices before releasing Antigone.[4]
Eurydice of Thebes is the Queen of Thebes and Creon's wife. She appears towards the end and only to hear confirmation of her son Haemon's death. In her grief, she dies by suicide, cursing Creon, whom she blames for her son's death.
Haemon is the son of Creon and Eurydice, betrothed to Antigone. Proved to be more reasonable than Creon, he attempts to reason with his father for the sake of Antigone. However, when Creon refuses to listen to him, Haemon leaves angrily and shouts he will never see him again. He dies by suicide after finding Antigone dead.
Koryphaios is the assistant to the King (Creon) and the leader of the Chorus. He is often interpreted as a close advisor to the King, and therefore a close family friend. This role is highlighted in the end when Creon chooses to listen to Koryphaios' advice.
Tiresias is the blind prophet whose prediction brings about the eventual proper burial of Polynices. Portrayed as wise and full of reason, Tiresias attempts to warn Creon of his foolishness and tells him the gods are angry. He manages to convince Creon, but is too late to save the impetuous Antigone.
The Chorus, a group of elderly Theban men, is at first deferential to the king.[5] Their purpose is to comment on the action in the play and add to the suspense and emotions, as well as connecting the story to myths. As the play progresses they counsel Creon to be more moderate. Their pleading persuades Creon to spare Ismene. They also advise Creon to take Tiresias's advice.

戯曲が始まる前、テーベの内戦で敵味方を率いたエテオクレスとポリニス の兄弟は、王位をめぐって互いに争って死んだ。テーベの新しい統治者であり、前王妃ジョカスタの弟であるクレオンは、エテオクレスは讃えられ、ポリュニケ スは公の恥となることを決定した。反乱を起こした弟の遺体は聖なる儀式によって聖別されることなく、戦場に埋葬されないまま横たわり、当時最も過酷な罰で あった[a]腐肉動物の餌食となる。アンティゴネとイスメネは死んだポリニスとエテオクレスの姉妹である。

戯曲の冒頭で、アンティゴネはイスメネを夜遅くに宮殿の門の外に連れ出し、密会をする: アンティゴネは、クレオンの勅令に背いてポリニスの遺体を埋葬しようとしていた。クレオンの勅令を無視してポリニスの遺体を埋葬しようとするアンティゴネを止めることはできなかった。

テーベの長老たちで構成される合唱団が登場し、テーベに対抗する七人という背景の物語を神話的で英雄的な文脈に落とし込む。
クレオンは合唱団の支持を求め、特にポリュニセスの遺体処理に関する勅令を支持するよう求める。合唱団のリーダーはクレオンに敬意を表し、支持を約束す る。歩哨が入ってきて、遺体は葬儀の儀式を受け、薄い土で覆われた象徴的な埋葬をされたが、実際に誰が罪を犯したのかは誰も見ていないと恐る恐る報告す る。クレオンは激怒し、衛兵に犯人を見つけなければ自分が死ぬと命じる。歩哨は立ち去る。

合唱団は人間の巧妙さを歌うが、法を犯す者と同じ街には住みたくないと付け加える。
見張りがアンティゴネを連れて戻ってくる。見張りがポリニスの遺体を発見し、葬儀を執り行うアンティゴネを捕らえたと説明する。クレオンは見張りを追い 払った後、アンティゴネを問い詰めるが、アンティゴネは自分のしたことを否定しない。彼女はクレオンに、勅令の不道徳さと自分の行為の道徳性について堂々 と反論する。クレオンは激怒し、動揺するイスメネを見て、彼女がアンティゴネの計画を知っていたに違いないと考える。彼女を呼び出す。イスメネは姉と一緒 に死にたいと罪を偽り告白しようとするが、アンティゴネはそれを許さなかった。クレオンは二人を投獄するよう命じる。

合唱団はオイディプス家の災難を歌う。
クレオンの息子ヘーモンが、アンティゴネと婚約しているにもかかわらず、父に忠誠を誓うために入ってくる。当初はアンティゴネを見捨てる気でいるようだっ たが、「闇に紛れて都は少女を悼む」と主張してアンティゴネを助けるよう父を優しく説得しようとすると、話し合いは悪化し、二人はすぐに激しく侮辱し合 う。クレオンが息子の前でアンティゴネを処刑すると脅すと、ヘーモンはクレオンに二度と会わないと誓って立ち去る。

合唱団は愛の力を歌う。
アンティゴネは処刑される途中、警護のもとに連行される。彼女は嘆きを歌う。合唱団は彼女を岩に変えられた女神ニオベになぞらえ、女神に例えられるのは素晴らしいことだと言う。アンティゴネは、自分を馬鹿にしていると非難する。

クレオンはイスメネを惜しみ、アンティゴネを洞窟に生き埋めにすることを決める。彼女を直接殺さないことで、神々に最低限の敬意を払おうと考えたのだ。家 から連れ出されたアンティゴネは、今度は反抗的ではなく悲しげな表情を浮かべる。彼女は、神々の掟に従ったために結婚せず死んでしまったことへの後悔を口 にする。彼女は生きている墓に連れて行かれる。

合唱団は、苦しんだ神話の偉大な女性たちを歌い、アンティゴネを励ます。
盲目の預言者ティレシアスが入ってくる。ティレシアスはクレオンに、ポリュニケスを早急に葬るべきだと警告する。なぜなら神々は不興を買い、テーベからの 生贄や祈りを拒んでいるからだ。しかし、クレオンはティレシアスが堕落していると非難する。ティレシアスは、ポリニスを埋葬せずに放置し、アンティゴネを 土に埋めた罪で、クレオンは「自分の子」[3]を失うことになると答える(彼はアンティゴネを死刑にするべきではないと言っているのではなく、生きている 遺体を土に埋めたままにしておくのは不適切だと言っているだけである)。ティレシアスはまた、ギリシャ全土がクレオンを軽蔑し、テーベの生贄は神々に受け 入れられないだろうと予言する。恐怖におののいた合唱団の団長は、ティレシアスの助言に従ってアンティゴネを解放し、ポリニスを葬るようクレオンに頼む。 クレオンはそれを承諾し、従者を連れて去る。

合唱団はディオニュソス神への頌歌を口ずさむ。
ヘーモンが自殺したと合唱団の団長に伝える使者が入る。クレオンの妻でハエモンの母であるエウリュディケが入ってきて、使者にすべてを話すように頼む。使 者は、クレオンがポリニスの埋葬を見届けたことを報告する。クレオンがアンティゴネの洞窟に着くと、首を吊ったアンティゴネを嘆くヘーモンがいた。ヘーモ ンはクレオンを刺そうとしたが失敗し、自らも刺した。使者の話を聞いたエウリュディケは、静かに宮殿へと姿を消す。

クレオンはヘーモンの遺体を抱えて中に入る。彼は自分の行いがこのような事態を引き起こしたことを理解し、自分を責める。二人目の使者がクレオンと合唱団 に、エウリディーチェも自殺したと告げに来る。エウリディーチェは息を引き取り、息子であるハエモンとメガレウスの死について夫を呪った。クレオンは、起 こったことすべてを自分のせいだと責め、打ちひしがれた彼は、使用人たちに自分の家の手伝いを頼む。彼が大切にしていた秩序は守られ、王であることに変わ りはないが、神々に背く行為をした結果、子供たちと妻を失ったのだ。クレオンが自責の念に駆られた後、合唱団の団長は「神々は高慢な者を罰するが、罰は知 恵をもたらす」と締めくくった。

登場人物
アンチゴーヌは、美しく従順な姉に比べ、家族の義務を自覚するヒロインとして描かれている。イスメネとの対話から、彼女は叔父のように頑固であることがわかる[4]。
イスメネはアンティゴネの箔の役割を果たし、勅令に対するそれぞれの反応の対照を示す[4]。彼女がポリニスを葬ることをためらうのは、クレオンを恐れているからである。
クレオンはテーベの現王であり、法を個人の幸福の保証と見なしている。彼はまた、自分が正しいと信じることを守るためにすべてを失う、悲劇のヒーローとも いえる。神々の歓心を買うために命令を修正せざるを得なくなったときでさえ、彼はアンティゴネを釈放する前に、まず死んだポリニスの看病をする[4]。
テーベのエウリュディケはテーベの女王でクレオンの妻。テーベの王妃でクレオンの妻。悲しみのあまり、息子の死を責めたクレオンを呪いながら自殺する。
ヘーモンはクレオンとエウリュディケの息子で、アンティゴネと婚約していた。クレオンよりも理性的であることが証明され、アンティゴネのために父を説得し ようとする。しかしクレオンに拒絶されると、ヘーモンは怒って立ち去り、二度と会わないと叫ぶ。彼はアンティゴネの死体を見つけて自殺する。
コリファイオスは王(クレオン)の補佐役で、コーラスのリーダー。彼はしばしば王の側近であり、従って家族の親友であると解釈される。この役割は、クレオンがコリファイオスの助言に耳を傾けることを選択するラストで強調される。
ティレシアスは盲目の予言者で、その予言によってポリュニケスの埋葬が実現する。賢くて理性に満ちた人物として描かれるティレシアスは、クレオンに自分の 愚かさを警告し、神々が怒っていることを伝えようとする。彼はなんとかクレオンを説得するが、気の早いアンティゴネを救うには遅すぎた。
合唱団はテーバンの老人たちで構成され、最初は王に恭順的である[5]。彼らの目的は、劇中のアクションにコメントし、サスペンスと感情を盛り上げ、物語 を神話に結びつけることである。劇が進むにつれて、彼らはクレオンにもっと節度を持つよう助言する。彼らの懇願によって、クレオンはイスメネを助けるよう 説得される。彼らはまた、ティレシアスの忠告を聞くようクレオンに助言する。
Historical context
Antigone was written at a time of national fervor. In 441 BCE, shortly after the play was performed, Sophocles was appointed as one of the ten generals to lead a military expedition against Samos. It is striking that a prominent play in a time of such imperialism contains little political propaganda, no impassioned apostrophe, and—with the exception of the epiklerate (the right of the daughter to continue her dead father's lineage)[6] and arguments against anarchy—makes no contemporary allusion or passing reference to Athens.[7] Rather than become sidetracked with the issues of the time, Antigone remains focused on the characters and themes within the play. It does, however, expose the dangers of the absolute ruler, or tyrant, in the person of Creon, a king to whom few will speak freely and openly their true opinions, and who therefore makes the grievous error of condemning Antigone, an act that he pitifully regrets in the play's final lines. Athenians, proud of their democratic tradition, would have identified his error in the many lines of dialogue which emphasize that the people of Thebes believe he is wrong, but have no voice to tell him so. Athenians would identify the folly of tyranny.

Notable features
The Chorus in Antigone departs significantly from the chorus in Aeschylus' Seven Against Thebes, the play of which Antigone is a continuation. The chorus in Seven Against Thebes is largely supportive of Antigone's decision to bury her brother. Here, the chorus is composed of old men who are largely unwilling to see civil disobedience in a positive light. The chorus also represents a typical difference in Sophocles' plays from those of both Aeschylus and Euripides. A chorus of Aeschylus' almost always continues or intensifies the moral nature of the play, while one of Euripides' frequently strays far from the main moral theme. The chorus in Antigone lies somewhere in between; it remains within the general moral in the immediate scene, but allows itself to be carried away from the occasion or the initial reason for speaking.[8]

Significance and interpretation
Once Creon has discovered that Antigone buried her brother against his orders, the ensuing discussion of her fate is devoid of arguments for mercy because of youth or sisterly love from the Chorus, Haemon or Antigone herself. Most of the arguments to save her center on a debate over which course adheres best to strict justice.[9][10]

Both Antigone and Creon claim divine sanction for their actions; but Tiresias the prophet supports Antigone's claim that the gods demand Polynices' burial. It is not until the interview with Tiresias that Creon transgresses and is guilty of sin. He had no divine intimation that his edict would be displeasing to the Gods and against their will. He is here warned that it is, but he defends it and insults the prophet of the Gods. This is his sin, and it is this that leads to his punishment. The terrible calamities that overtake Creon are not the result of his exalting the law of the state over the unwritten and divine law that Antigone vindicates, but are his intemperance that led him to disregard the warnings of Tiresias until it was too late. This is emphasized by the Chorus in the lines that conclude the play.[11]

The German poet Friedrich Hölderlin, whose translation had a strong impact on the philosopher Martin Heidegger, brings out a more subtle reading of the play: he focuses on Antigone's legal and political status within the palace, her privilege to be the heiress (according to the legal instrument of the epiklerate) and thus protected by Zeus. According to the legal practice of classical Athens, Creon is obliged to marry his closest relative (Haemon) to the late king's daughter in an inverted marriage rite, which would oblige Haemon to produce a son and heir for his dead father in law. Creon would be deprived of grandchildren and heirs to his lineage – a fact that provides a strong realistic motive for his hatred against Antigone. This modern perspective has remained submerged for a long time.[12]

Heidegger, in his essay, The Ode on Man in Sophocles' Antigone, focuses on the chorus' sequence of strophe and antistrophe that begins on line 278. His interpretation is in three phases: first to consider the essential meaning of the verse, and then to move through the sequence with that understanding, and finally to discern what was nature of humankind that Sophocles was expressing in this poem. In the first two lines of the first strophe, in the translation Heidegger used, the chorus says that there are many strange things on earth, but there is nothing stranger than man. Beginnings are important to Heidegger, and he considered those two lines to describe the primary trait of the essence of humanity within which all other aspects must find their essence. Those two lines are so fundamental that the rest of the verse is spent catching up with them. The authentic Greek definition of humankind is the one who is strangest of all. Heidegger's interpretation of the text describes humankind in one word that captures the extremes — deinotaton. Man is deinon in the sense that he is the terrible, violent one, and also in the sense that he uses violence against the overpowering. Man is twice deinon. In a series of lectures in 1942, Hölderlin's Hymn, The Ister, Heidegger goes further in interpreting this play, and considers that Antigone takes on the destiny she has been given, but does not follow a path that is opposed to that of the humankind described in the choral ode. When Antigone opposes Creon, her suffering the uncanny is her supreme action.[13][14]

The problem of the second burial
An important issue still debated regarding Sophocles' Antigone is the problem of the second burial. When she poured dust over her brother's body, Antigone completed the burial rituals and thus fulfilled her duty to him. Having been properly buried, Polynices' soul could proceed to the underworld whether or not the dust was removed from his body. However, Antigone went back after his body was uncovered and performed the ritual again, an act that seems to be completely unmotivated by anything other than a plot necessity so that she could be caught in the act of disobedience, leaving no doubt of her guilt. More than one commentator has suggested that it was the gods, not Antigone, who performed the first burial, citing both the guard's description of the scene and the chorus's observation.[15] It's possible, however, that Antigone not only wants her brother to have burial rites, but that she wants his body to stay buried. The guard states that after they found that someone covered Polynices' body with dirt, the birds and animals left the body alone (lines 257–258). But when the guards removed the dirt, then the birds and animals returned, and Tiresias emphasizes that birds and dogs have defiled the city's altars and hearths with the rotting flesh from Polynices' body; as a result of which the gods will no longer accept the peoples' sacrifices and prayers (lines 1015–1020). It's possible, therefore, that after the guards remove the dirt protecting the body, Antigone buries him again to prevent the offense to the gods.[16] Even though Antigone has already performed the burial rite for Polynices, Creon, on the advice of Tiresias (lines 1023–1030), makes a complete and permanent burial for his body.

Richard C. Jebb suggests that the only reason for Antigone's return to the burial site is that the first time she forgot the Choaí (libations), and "perhaps the rite was considered completed only if the Choaí were poured while the dust still covered the corpse."[17]

Gilbert Norwood explains Antigone's performance of the second burial in terms of her stubbornness. His argument says that had Antigone not been so obsessed with the idea of keeping her brother covered, none of the deaths of the play would have happened. This argument states that if nothing had happened, nothing would have happened, and does not take much of a stand in explaining why Antigone returned for the second burial when the first would have fulfilled her religious obligation, regardless of how stubborn she was. This leaves that she acted only in passionate defiance of Creon and respect to her brother's earthly vessel.[18]

Tycho von Wilamowitz-Moellendorff justifies the need for the second burial by comparing Sophocles' Antigone to a theoretical version where Antigone is apprehended during the first burial. In this situation, news of the illegal burial and Antigone's arrest would arrive at the same time and there would be no period of time in which Antigone's defiance and victory could be appreciated.

J. L. Rose maintains that the problem of the second burial is solved by close examination of Antigone as a tragic character. Being a tragic character, she is completely obsessed by one idea, and for her this is giving her brother his due respect in death and demonstrating her love for him and for what is right. When she sees her brother's body uncovered, therefore, she is overcome by emotion and acts impulsively to cover him again, with no regards to the necessity of the action or its consequences for her safety.[18]

Bonnie Honig uses the problem of the second burial as the basis for her claim that Ismene performs the first burial, and that her pseudo-confession before Creon is actually an honest admission of guilt.[19]
歴史的背景
アンティゴネー』が書かれたのは、国家的熱狂の時代であった。この戯曲が上演された直後の前441年、ソフォクレスはサモスに対する軍事遠征を率いる10 人の将軍のひとりに任命された。このような帝国主義の時代の著名な戯曲が、政治的プロパガンダをほとんど含まず、熱烈なアポストロフィーもなく、エピク ラーテ(死んだ父の血統を継ぐ娘の権利)[6]と無政府状態に対する議論を除いては、アテネに対する現代的な言及や通り一遍の言及もないというのは驚くべ きことである[7]。しかし、絶対的な支配者、すなわち暴君の危険性を、クレオンという人物の中に暴いている。クレオンは、自分の本当の意見を自由かつ率 直に語る者がほとんどいない王であり、それゆえにアンティゴネを断罪するという重大な過ちを犯す。民主主義の伝統を誇るアテネ人なら、テーベの民衆は彼が 間違っていると信じているが、それを伝える声がないことを強調する台詞の数々から、彼の誤りを見抜いたことだろう。アテネ人なら、専制政治の愚かさを見抜 くだろう。

注目すべき特徴
アンティゴネー』の合唱は、『アンティゴネー』の続編であるアイスキュロスの『テーベに対する七人』の合唱とは大きく異なっている。テーベに背いて七人』 の合唱は、兄を葬るというアンティゴネの決断を大きく支持している。ここで合唱団は、市民的不服従を肯定的にとらえようとしない老人たちで構成されてい る。合唱はまた、ソフォクレスの戯曲における、アイスキュロスやエウリピデスの戯曲との典型的な違いを表している。エウリピデスの合唱は、主要な道徳的 テーマから大きく逸脱していることが多い。アンティゴネー』の合唱はその中間に位置し、直前の場面における一般的な道徳の範囲内に留まるが、その場から、 あるいは最初に話した理由からは離れることを許している[8]。

意義と解釈
アンティゴネが自分の命令に反して兄を埋葬したことをクレオンが発見した後、彼女の運命について続く議論には、コーラス、ヘーモン、アンティゴネ自身か ら、若さや姉妹愛ゆえの慈悲を求める主張は出てこない。彼女を救おうとする議論の大半は、厳格な正義に最も忠実な道はどちらかという議論が中心となってい る[9][10]。

アンティゴネとクレオンはともに、自分たちの行動に対する神の裁可を主張するが、予言者ティレシアスは、神がポリニスの埋葬を要求しているというアンティ ゴネの主張を支持する。クレオンが罪を犯し、罪を犯したのは、ティレジアスとの面会のときである。彼は、自分の勅令が神々の不興を買い、神々の意思に反す るものであることを神から知らされていなかった。しかし、彼はそれを擁護し、神々の預言者を侮辱する。これが彼の罪であり、これが彼の罰につながる。クレ オンを襲う恐ろしい災難は、アンティゴネが擁護する不文律や神の法よりも国家の法を尊んだ結果ではなく、手遅れになるまでティレシアスの警告を無視するに 至った彼の不摂生が原因なのだ。このことは、劇を締めくくる台詞で合唱によって強調されている[11]。

ドイツの詩人フリードリヒ・ヘルダーリンは、その翻訳が哲学者マルティン・ハイデガーに強い影響を与えたが、戯曲をより微妙に読み解く。彼は、王宮内での アンティゴネの法的・政治的地位、(エピクラーテという法的手段による)相続人としての特権、したがってゼウスによって保護されていることに焦点を当て る。古典期アテネの法慣習によれば、クレオンは最も近親の者(ヘーモン)と亡き王の娘との逆結婚を義務づけられており、ヘーモンは死んだ義父のために息子 と跡継ぎをもうけなければならない。クレオンは孫や後継者を奪われることになり、この事実がアンティゴネに対する憎しみの強い現実的な動機となる。この現 代的な視点は、長い間没却されたままだった[12]。

ハイデガーは、そのエッセイ『ソフォクレスの『アンチゴーヌ』における人間についての頌歌』において、278行目から始まる合唱の一連のストロープとアン チスロープに注目している。彼の解釈は三段階に分かれており、まずこの詩の本質的な意味を考察し、次にその理解に基づいて一連の流れを進め、最後にソフォ クレスがこの詩で表現した人間の本質とは何かを見極める。ハイデッガーが用いた訳では、最初のストロープの最初の2行で、合唱は「地上には奇妙なものがた くさんあるが、人間ほど奇妙なものはない」と言っている。ハイデガーにとって始まりは重要であり、彼はこの2行が人間の本質の主要な特徴を表していると考 えた。この2行は非常に基本的なものであるため、詩の残りの部分はこの2行に追いつくことに費やされている。ギリシアにおける人間の正統な定義とは、「最 も奇妙な者」である。ハイデガーの解釈では、その両極端を捉える一つの言葉、デイノタトンで人類を表現している。人間は、恐ろしい、暴力的な者であるとい う意味でデイノタトンであり、また、圧倒的なものに対して暴力を行使するという意味でもデイノタトンである。人間は二度、デイノタトンなのである。ハイデ ガーは、1942年の連続講義『ヘルダーリンの讃歌』『イスター』において、この戯曲の解釈をさらに進め、アンチゴーヌは与えられた運命を引き受けるが、 合唱の頌歌に描かれた人類の運命と対立する道を歩むことはないと考察している。アンティゴネがクレオンに対抗するとき、不気味さに苦しむことが彼女の至高 の行動である[13][14]。

二度目の埋葬の問題
ソフォクレスの『アンチゴーヌ』に関していまだに議論されている重要な問題は、二度目の埋葬の問題である。兄の遺体に塵をかけたとき、アンティゴネは埋葬 の儀式を終え、兄に対する義務を果たした。適切に埋葬されたポリニスの魂は、遺体から塵が取り除かれようが取り除かれまいが、冥界へと進むことができた。 しかしアンティゴネは、ポリニスの死体が暴かれた後に戻って再び儀式を行った。この行為は、彼女が罪を犯したことを疑うことなく、不従順の行為で捕らえら れるという筋書きの必要性以外には、まったく動機がないように思われる。複数の解説者が、最初の埋葬を行ったのはアンティゴネではなく神々であると示唆し ており、看守の場面の描写と合唱の観察の両方が引用されている[15]。しかし、アンティゴネが弟に埋葬の儀式をさせたいだけでなく、弟の遺体を埋葬した ままにしておきたいと望んでいる可能性もある。衛兵は、誰かがポリニスの遺体を土で覆ったのを発見した後、鳥や動物は遺体を放っておいたと述べている (257-258行)。ティレシアスは、鳥や犬がポリニスの遺体から出た腐った肉で街の祭壇や囲炉裏を汚し、その結果、神々は人々の犠牲や祈りを受け入れ なくなったと強調する(1015-1020行)。その結果、神々はもはやポリニスの犠牲と祈りを受け入れなくなる(1015-1020行)。したがって、 衛兵が遺体を保護する土を取り除いた後、アンティゴネーがポリニスを再び埋葬するのは、神々への侮辱を防ぐためである可能性がある[16]。アンティゴ ネーがポリニスの埋葬儀式をすでに行ったにもかかわらず、クレオンはティレシアスの助言(1023-1030行)に従って、ポリニスの遺体を完全かつ永久 に埋葬する。

リチャード・C・ジェッブは、アンティゴネが埋葬地に戻ってきた唯一の理由は、一度目にチョアイ(献杯)を忘れたことであり、「おそらく、まだ埃が死体を覆っている間にチョアイを注いだ場合にのみ、儀式は完了したと見なされたのであろう」と示唆している[17]。

ギルバート・ノーウッドは、アンチゴーヌが二度目の埋葬を行ったことを、彼女の頑固さの観点から説明している。彼の議論によれば、アンティゴネが弟を隠し ておくという考えに固執していなければ、劇中の死は何も起こらなかっただろう。この主張は、何も起こらなければ何も起こらなかったとするもので、彼女がど れほど頑固であったとしても、1回目の埋葬で宗教的義務は果たせたはずなのに、なぜ2回目の埋葬のためにアンティゴネが戻ってきたのかを説明する立場には あまり立っていない。このことは、彼女がクレオンに対する情熱的な反抗と、兄の地上の器に対する敬意から行動したに過ぎないことを物語っている[18]。

ティコ・フォン・ウィラモヴィッツ=メレンドルフは、ソフォクレスの『アンチゴーヌ』を、アンチゴーヌが最初の埋葬の際に逮捕されるという理論的なバー ジョンと比較することによって、二度目の埋葬の必要性を正当化している。このような状況では、不法埋葬とアンティゴネ逮捕の知らせが同時に届き、アンティ ゴネの反抗と勝利が評価される期間はないだろう。

J. L.ローズは、二度目の埋葬の問題は、悲劇的キャラクターとしてのアンティゴネーを詳細に検討することによって解決されると主張する。悲劇的な性格である 彼女は、ある一つの考えに完全にとらわれており、それは彼女にとって、兄に死後相応の敬意を払い、兄への愛と正しいことを示すことである。それゆえ、兄の 死体が覆い隠されていないのを見たとき、彼女は感情に打ちひしがれ、衝動的に兄を再び覆い隠そうと行動する。

ボニー・ホーニグは、二度目の埋葬の問題を、イスメネが一度目の埋葬を行い、クレオンの前での彼女の偽りの告白が実際には素直に罪を認めたものであるという主張の根拠として用いている[19]。
Themes

Civil disobedience

A well established theme in Antigone is the right of the individual to reject society's infringement on one's freedom to perform a personal obligation.[20] Antigone comments to Ismene, regarding Creon's edict, that "He has no right to keep me from my own."[21] Related to this theme is the question of whether Antigone's will to bury her brother is based on rational thought or instinct, a debate whose contributors include Goethe.[20]

The contrasting views of Creon and Antigone with regard to laws higher than those of state inform their different conclusions about civil disobedience. Creon demands obedience to the law above all else, right or wrong. He says that "there is nothing worse than disobedience to authority" (An. 671). Antigone responds with the idea that state law is not absolute, and that it can be broken in civil disobedience in extreme cases, such as honoring the gods, whose rule and authority outweigh Creon's.

Natural law and contemporary legal institutions

Creon's decree to leave Polynices unburied in itself makes a bold statement about what it means to be a citizen, and what constitutes abdication of citizenship. It was the firmly kept custom of the Greeks that each city was responsible for the burial of its citizens. Herodotus discussed how members of each city would collect their own dead after a large battle to bury them.[22] In Antigone, it is therefore natural that the people of Thebes did not bury the Argives, but very striking that Creon prohibited the burial of Polynices. Since he is a citizen of Thebes, it would have been natural for the Thebans to bury him. Creon is telling his people that Polynices has distanced himself from them, and that they are prohibited from treating him as a fellow-citizen and burying him as is the custom for citizens.

In prohibiting the people of Thebes from burying Polynices, Creon is essentially placing him on the level of the other attackers—the foreign Argives. For Creon, the fact that Polynices has attacked the city effectively revokes his citizenship and makes him a foreigner. As defined by this decree, citizenship is based on loyalty. It is revoked when Polynices commits what in Creon's eyes amounts to treason. When pitted against Antigone's view, this understanding of citizenship creates a new axis of conflict. Antigone does not deny that Polynices has betrayed the state, she simply acts as if this betrayal does not rob him of the connection that he would have otherwise had with the city. Creon, on the other hand, believes that citizenship is a contract; it is not absolute or inalienable, and can be lost in certain circumstances. These two opposing views – that citizenship is absolute and undeniable and alternatively that citizenship is based on certain behavior – are known respectively as citizenship 'by nature' and citizenship 'by law.'[22]

Fidelity

Antigone's determination to bury Polynices arises from a desire to bring honor to her family, and to honor the higher law of the gods. She repeatedly declares that she must act to please "those that are dead" (An. 77), because they hold more weight than any ruler, that is the weight of divine law. In the opening scene, she makes an emotional appeal to her sister Ismene saying that they must protect their brother out of sisterly love, even if he did betray their state. Antigone believes that there are rights that are inalienable because they come from the highest authority, or authority itself, that is the divine law.

While he rejects Antigone's actions based on family honor, Creon appears to value family himself. When talking to Haemon, Creon demands of him not only obedience as a citizen, but also as a son. Creon says "everything else shall be second to your father's decision" ("An." 640–641). His emphasis on being Haemon's father rather than his king may seem odd, especially in light of the fact that Creon elsewhere advocates obedience to the state above all else. It is not clear how he would personally handle these two values in conflict, but it is a moot point in the play, for, as absolute ruler of Thebes, Creon is the state, and the state is Creon. It is clear how he feels about these two values in conflict when encountered in another person, Antigone: loyalty to the state comes before family fealty, and he sentences her to death.

Portrayal of the gods

In Antigone as well as the other Theban Plays, there are very few references to the gods. Hades is the god who is most commonly referred to, but he is referred to more as a personification of Death. Zeus is referenced a total of 13 times by name in the entire play, and Apollo is referenced only as a personification of prophecy. This lack of mention portrays the tragic events that occur as the result of human error, and not divine intervention. The gods are portrayed as chthonic, as near the beginning there is a reference to "Justice who dwells with the gods beneath the earth." Sophocles references Olympus twice in Antigone. This contrasts with the other Athenian tragedians, who reference Olympus often.

Love for family

Antigone's love for family is shown when she buries her brother, Polynices. Haemon was deeply in love with his cousin and fiancée Antigone, and he killed himself in grief when he found out that his beloved Antigone had hanged herself.

Equity

Following in the Aristotelian tradition, Antigone is also seen as a case-study for equity. Catharine Titi has likened Antigone's 'divine' law to modern peremptory norms of customary international law (ius cogens) and she has discussed Antigone's dilemma as a situation that invites the application of equity contra legem in order to correct the law.[23]
テーマ

市民的不服従

『アンティゴネー』のテーマとしてよく知られているのは、個人的な義務を果たす自由に対する社会の侵害を拒絶する個人の権利である[20]。 アンティゴネーはクレオンの勅令について、イスメーネに「彼は私を私自身のものから遠ざける権利はない」とコメントしている[21]。このテーマと関連し て、弟を葬るというアンティゴネーの意志が合理的な思考に基づいているのか、それとも本能に基づいているのかという問題があり、ゲーテもこの議論に参加し ている[20]。

クレオンとアンティゴネーの、国家より上位の法に関する対照的な見解は、市民的不服従に関する二人の異なる結論に影響を与えている。クレオンは、善悪を問 わず、何よりも法律への服従を要求する。彼は「権威に背くことほど悪いことはない」(An. 671)と言う。アンティゴネは、国家法は絶対的なものではなく、クレオンの支配と権威を凌駕する神々を敬うような極端な場合には、市民的不服従としてそ れを破ることができるという考えで反論する。

自然法と現代の法制度

ポリュニケスを埋葬しないままにしておくというクレオンの命令自体が、市民であることの意味と、市民権の放棄を構成するものについて大胆な声明を出してい る。ギリシアでは、各都市が市民の埋葬に責任を持つという習慣が固く守られていた。アンティゴネー』では、テーベの人々がアルギヴ人を埋葬しなかったのは 当然だが、クレオンがポリニスの埋葬を禁止したのは非常に印象的だった。彼はテーベの市民であるから、テーベの人々が彼を埋葬するのは当然であったはずで ある。クレオンは、ポリュニケスが自分たちと距離を置いていること、ポリュニケスを同胞として扱い、市民の慣習に従って埋葬することを禁じていることを民 衆に伝えているのである。

テーベの民がポリュニケスを埋葬することを禁止することで、クレオンはポリュニケスを他の襲撃者たち(外国のアルギヴ人)と同列に扱うことになる。クレオ ンにとって、ポリニスがテーベを攻撃したという事実は、ポリニスの市民権を事実上剥奪し、彼を外国人にしてしまう。この勅令で定義されているように、市民 権は忠誠心に基づいている。ポリニスがクレオンの目に反逆と映る行為を犯したとき、市民権は剥奪される。アンティゴネの考えと対立させると、市民権に対す るこの理解は新たな対立軸を生み出す。アンティゴネーはポリニスが国家を裏切ったことを否定しないが、この裏切りによってポリニスが持っていたはずの都市 とのつながりが奪われることはないかのように振る舞うだけである。一方クレオンは、市民権は契約であり、絶対的なものでも不可分のものでもなく、状況に よっては失うこともあり得ると考えている。市民権は絶対的で否定できないものであり、また、市民権は特定の行動に基づいているという、この二つの対立する 見解は、それぞれ「自然による」市民権、「法による」市民権として知られている[22]。

忠誠

ポリニスを葬るというアンティゴネの決意は、家族に名誉をもたらし、神々の崇高な掟に敬意を表したいという願望から生じている。彼女は繰り返し、「死んだ 者たち」(An. 77)を喜ばせるために行動しなければならないと宣言する。冒頭のシーンでは、妹のイスメネに、たとえ兄が国を裏切ったとしても、姉妹愛から兄を守らなけ ればならないと感情的に訴える。アンティゴネは、神の掟という最高の権威、つまり権威そのものに由来するものだからこそ、譲れない権利があると信じてい る。

家族の名誉に基づくアンティゴネーの行動を否定する一方で、クレオンは自分自身は家族を大切にしているように見える。クレオンはヘーモンに向かって、市民 としての服従だけでなく、息子としての服従も要求する。クレオンは「他のことはすべて、父上の決定に従わなければならない」(『あん』640-641)と 言う。クレオンは他の場面で、何よりも国家への服従を唱えている。テーベの絶対的支配者として、クレオンは国家であり、国家はクレオンなのだから。この2 つの価値観の対立についてクレオンがどう考えているかは、別の人物であるアンティゴネが遭遇したときに明らかになる。

神々の描写

アンティゴネー』と他の『テーバン劇』では、神々についての言及はほとんどない。ハデスは最もよく言及される神だが、死の擬人化として言及されることが多 い。ゼウスは戯曲全体で合計13回しか名前が言及されず、アポロは予言の擬人化として言及されるだけである。この言及の少なさは、神の介入ではなく、人間 の過ちの結果として起こる悲劇的な出来事を描いている。神々は、冒頭近くで "地底の神々と共にある正義 "について言及されているように、神々のような存在として描かれている。ソフォクレスは『アンティゴネー』の中でオリンポスに二度言及している。これは、 オリンポスに頻繁に言及する他のアテナイの悲劇家たちとは対照的である。

家族への愛

アンティゴネーの家族への愛は、彼女が弟ポリニスを埋葬するときに示される。ヘーモンは従兄弟で婚約者のアンティゴネを深く愛していたが、最愛のアンティゴネが首を吊ったことを知り、悲しみのあまり自殺した。

衡平性

アリストテレスの伝統に従って、『アンティゴネー』も衡平性のケーススタディとされている。キャサリン・ティティは、アンティゴネーの「神的な」法を現代 の国際慣習法の厳格な規範(ius cogens)になぞらえ、アンティゴネーのジレンマを、法を正すために衡平法(equity contra legem)の適用を招く状況として論じている[23]。



●ジュディス・バトラー『アンティゴネーの主張』竹村和子訳、 青土社, 2002年

1)アンティゴネーの主張 Antigone's Claim

2)書かれない法、逸脱する伝達 Unwritten Laws, Aberrant Transmissions

3)乱行的服従 Promiscuous Obedience

●バトラーにとってのアンティゴネー Butler on Antigone

「……アンティゴネーとは誰なのか、……。彼女は人 間でないが、人間の言葉で語る。行動を禁じられていながらも行動し、彼女の行動は既存の規範の単純な同化ではない。しかも行動する権利をもたないものとし て行動することによって、人間の前提条件である親族関係の語彙を混乱させ、このような前提条件が本当はどんなものであるべきかという問題を、私たちにそれ となく提示している。……。彼女にけっして属することはない語彙に彼女が従事するかぎり、彼女は政治的規範を語る言葉のなかで、ある種の交差対句として機 能する」(バトラー 2002:158-159)。

リンク

文献

その他の情報

Maya_Abeja

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2020